人生初の一戸建て不動産の生活

中古でも新築でも住み替えというのは新しい環境に希望と光がみえてよいものですね。旦那様でしたらご自分の趣味部屋(書斎)を持つとか広々した車庫などにこだわる方が多いかもしれません。奥さまは機能的で使いやすいキッチンや収納部屋、洗面所やバスルームにもこだわりたいですね。真似したいサンプルは山のようにありますのでショールームを巡ったり施工例をリサーチするなどして目を肥やすのに限ります。見れば見るだけアレもコレもとなりそうでキリがないような気もしますがカタログを眺めるだけでも楽しいものです。

この度マイホームを購入致しました。生まれて初めての一戸建てです。私は生まれてから結婚するまで、大規模な公団に住んでいました。大規模といっても戸数が多いだけで畳はもちろん団地サイズ、脱衣所もなく浴室もトイレも玄関もベランダも全てが狭い2DKでした。そんな家でしたから自分の部屋があるわけもなく、居間の片隅に机を置いて勉強したりもしました。 子供のころ一戸建てに住んでいる友人の家に遊びに行った時、その子専用の部屋があったり、ペットを飼っているのがすごく羨ましかった覚えがあります。そして中学生の時には我が家でも一戸建てを購入しようという話が出て、両親と何軒か中古の物件を見て回り、どんな犬を飼おうかとか自分の部屋はどんな風にしようかと、新居での暮らしをワクワクしながら想像しました。が、結局購入には至らず、がっかりした思いを引きずったまま大人になり、その後私は結婚して家を出ました。 旦那さんとの最初の住まいは実家の団地のような2DKの社宅。一戸建てを夢見るもやっぱり2DKか、と再びがっかりしましたが、新婚だったのであまり気になりませんでした。ここの住人の方は皆さん仲良く、時にはみんなで敷地内の芝生に集まって一緒にご飯を食べたりと、和気あいあい楽しく暮らしていました。 そこで2年が経ち長女を儲けた頃、社宅が取り壊されることになり、次の新居に選んだのは3DKのマンション。一部屋増えて生活空間にも余裕ができてよかったなあ、と思っていたのもつかの間、ここも転勤のため2年で引っ越すことになりました。 そして次の新居はまた社宅。3Kと前回より手狭になった上、高温多湿のところだったのであちこちにカビが生えやすく、年中除湿機を使用していました。さらに次女を儲け、子育てグッズやおもちゃやらでますます狭くなっていきました。 そこでの生活が3年を過ぎた時、また転勤の話が持ち上がり、翌年長女が小学校入学だったのもあり、遂に一戸建てを買うことになりました。インターネットで物件を探して2か所に絞り、現地に足を運んでみて、家族の意見が一致した方を購入しました。 新築の建売ということもあり、最新かつ必要な設備が揃っていて非常に快適なのですが、我が家以外に同様の一戸建てが50戸ほど並んで建っていて入居時期も近く、同世代の家族も多いので、土地に縁のない我々でもすんなり溶け込むことができました。 3回家を建てなければ成功しないと言いますが、人生初の一戸建てで成功して今は幸せに暮らしています。

八街市の不動産はヴィヴィレリビングストックが取り扱います。
2127

都心の一戸建て購入

そして都市部において一戸建ての住宅を手に入れる事は難しいのですが、マンションですとこれらの利便性の良い場所で住む事が可能なのです。これからの日本国内における人工構成は少子高齢化が進展してゆきまして、人口の少ない場所で生活する方が減少してゆく一方で、都市部などの人口の多い場所で生活する方が増えて行きますのでこれらの地域において生活するならマンションの購入がおすすめではないかと思います。これから住まいの購入を検討されようと考えている方におかれましてはマンションを含めて検討してみて下さい。そしてこれからの日本国内における住まいの在り方については地域の行政であるとか個人においても共に考えてゆく必要が有ると思います。皆さんにおかれましてもどの様な住まいにおいて暮らしてゆくかを検討してみて下さい。きっと良い住まいが見つかると思います。

Copyright ©All rights reserved.人生初の一戸建て不動産の生活.